韓国植毛ナビ スマホ相談
  会社案内 ドクター 整形観光の流れ 診療案内 診療費用 お問い合わせ 写真 ダイレクト法の植毛(FUE)
診療案内
美容整形
Moten自毛植毛医院
Moarm自毛植毛センター
無料相談
三星ソウル病院同門病院
ソウル大学校同門医療機関
婦人科

処女膜日記

処女膜の多様な形態

処女膜は膣入口を塞いでいる構造物でいろいろ形態を帯びています。
処女膜は多様なサイズと形を持っている構造物で女性外陰部の小陰唇と膣内部の警戒幕をなしています。
小陰唇が女性の純潔を象徴するのではないですが、今まで女性の性経験の可否を判断する慣習があります。
処女膜の本来の目的は膣の外部にある病原菌が膣の奥側に入らないように予防する役割をし、ほとんどの処女膜の中の部分は生理血が抜けるように小さい穴ができています。よく処女膜は男女の性関係だけによって破裂すると知られていますが、自転車や乗馬など激烈な運動によっても損傷が起こられ、ひどい自慰行為や生理時、タンポン使用も処女膜の損傷をもたらす場合もあります。膜。
 

初関係の時に出血が見える理由

普通処女膜のサイズが親指の爪より小さく、両側の小陰唇を横に開けないとよく見えません。また、月経血が抜ける小陰唇の穴はそのサイズが3~4MMぐらいですごく小さいです。
したがって、男性の性器が小陰唇よりもっと大きくて、丸い小陰唇を裂けて膣の中に挿入すると、処女膜が破裂されて血痕が見える理由です。処女膜は初めて夫婦関係時に何箇所で破裂 されますが大体下部の方によく起こります。破裂された組織のへりはすぐ癒えて傷跡ができて、結局分かれた溝で分離された2個以上の部位で分かれます。
破裂が起こった程度は処女膜の膨張程度とその構造によって多様です。一般的に処女膜の破裂時、出血がいつも伴うことで信じていますが、若いとき処女膜組織に傷つけられたり、 自分も知らないうちにすでに自然破裂された初関係の時に出血がない場合も約30%ぐらいで多いです。
処女膜日記

処女膜の手術情報

既存の溶ける縫合糸でする処女膜の復元術は失敗率が多いです。処女膜の復元術とはすでに破裂した処女膜をまた破裂する前の形と状態に一番似ているように作ってくれる手術法でほとんど既存の手術方法は何箇所裂いた処女膜の形を合わせながら溶ける縫合糸で縫合する方法です。過去の処女膜の手術方法は

1) 破裂した処女膜を何箇所また縫合したつける方法
2) 処女膜の中をお互いに貼って仕切りを作る方法などがあります。

過去の二つの手術方法は全部溶ける縫合糸を使って破裂した処女膜を単純縫合した後に抗生剤を一週間ぐらい服用して、何回来院治療を受けながら、よく付いたかいつも注意しなきゃならないです。溶ける糸を使って処女膜の組織を縫合する過去の処女膜の手術方法は失敗率が高い方法であり、また再手術をすべき場合がよく見られます。なぜなら処女膜の組織はもともと薄くて小さいので、血管組織は足りない方です。したがって、もう破裂で離れていた処女膜組織をまたよく付かない場合もあい、またようやく付いたとしても血痕がちゃんと見えるぐらい処女膜の血管が再生された保障もありません。処女膜は分泌物と膣炎ができて、動く時たびに膣入口が一緒に動いてまたよく付けません。

ユンホジュ院長の埋没式処女膜

処女膜復元術はすでに破裂した処女膜を元の状態に一番似ている形に取り戻す手術法です。腕前いい産婦人科でする埋没式処女膜復元術とは処女膜の破裂程度や破裂した処女膜 の形と関係なくいつも手術ができる方法であり、処女膜を元の形そのままデザインをした以後に顕微鏡で眼科用の細い糸で埋没式の縫合法で手術します。したがって、溶けない とても細い眼科用糸で縫合するため、性関係の以外には手術した処女膜が裂かない手術法です。本病院に来院する場合、眼科用の縫合糸がどのぐらい細いか直接見られ、埋没式 二重まぶた手術のように手術した後に糸が組織の中に埋没されて目には見られないようになります。

確認:処女膜の再生術の自身を持たせるために手術前後の写真を撮ってご確認できます、

リモデリング
処女膜の復元術とリモデリング膣の縮小術を一緒にする場合

新たな出発、賢明な自己管理が必要です。

結婚を控える予備新婦が今まで数年間付き合ってきた彼氏とどんな事情で別れて誰にも言えない秘密ですが、過去に性関係を持ったり、妊娠中絶の手術経験まである場合、また長い間、同居をしたけど今は自分を恥じたり、自分の体を大切に思わなかったことを胸深く後悔することになる時、新たな男性に会って結婚まで思うことになったけど結婚する男性はまだ処女と知ってるとき、情操と婚前純潔が女性に重要な価値であるのは事実ですが、我々の人生はそれよりもっと重要です。これから過去はきれいに忘れて、新たな出発をために賢明な自己管理を準備すべきです。

膣の縮小術は手術前にまず膣のサイズを検査します。

未婚女性の場合なら長い間、頻繁な性経験や流産で膣の粘膜が垂れて、膣のサイズが出産した女性と違いがない時、処女幕再生手術だけするのは意味がありません。男性は初めて関係を持つとき出血よりは優しく挿入ができないぐらいの膣の抵抗感と女性の痛みなどをもっと大切に考える場合が多いからです。それでこのような場合には腕前がいい産婦人科の未婚女性のリモデリング2段階の手術が必要です。

1段階;腕前がいい産婦人科のドクターユンの膣の縮小術を先にして、治療が終わってから(約6~8週所要)
2段階;腕前がいい産婦人科の埋没式の処女幕の復元術をしてくれます(治療過程なし)

結婚する夫と初めての関係時、緩い感じや何の抵抗感もなくて男性の性器がすぐ挿入ができるぐらい膣が伸びた場合は腕前がいい産婦人科のドクターユンの膣整形術が必要です。ドクターユンの膣の整形術は初めて関係を持つ時の膣のサイズに取り戻す手術です。
腕前がいい産婦人科のドクターユンの膣の整形術をした以後にも会陰部の切開ができることになって自然分娩に何の差し支えがございません。
1

会社案内  |  プライバシポリシー  |  新着情報  |  お問い合せ  
日本から市内料金通話Tel:050-5532-2813 Fax:+82-70-7560-2813 
携帯電話: 010-4494-2813 E-mail:info@kankokusk.com

Copyright© kankokusk.com All Rights Reserved.   

韓国美容整形ツアー、整形外科ガイド、芸能人に人気のソウル美容整形外科を案内する「韓国植毛ナビ」にご相談ください。